• 電話する看護師
    ある調査によると、看護師の転職率はおよそ7割に達しているという結果が報告されています。
  • 妖艶な看護師
    看護師という職業の重さは、看護師の急な代替は出来ないという事に尽きます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

転職に有利なもの

妖艶な看護師

転職やフリーターが多いと言われる昨今、医療業界でも慢性的な人手不足となっています。
特に激務と言われる看護師はそれが顕著に表れており、求人情報誌などには看護師の募集が常に掲載されている状態です。
また看護師は国家資格であるため、一度資格をとっておけば一生転職などには困らないと言われており、ブランクがある人や現在の職場の待遇に納得がいかない人は求人情報誌などでよりよい勤務先を探し転職することが出来るのです。

また近年では看護師専門の求人媒体も存在しており、看護師資格を持つ人の転職の手助けをしています。
こういった媒体は看護師業界の求人に特化したキャリアコンサルタントを配置することにより、独自のネットワークを活かし求職者の転職を手助けしているのです。
何故なら、近年は福祉の発達によって看護師の需要が増え、病院勤めだけではなく老人ホームや養護施設などの求人も大変増えたためです。
そうしたことから、看護師の資格取得を目指す人が増えており、そういった人々を対象とした通信講座も存在しています。
やはり資格を持っていることで転職の幅もぐっと広がりますし、他のパートなどと比べると給料も高く設定された求人を狙う事が出来るのが何よりの魅力であるため、こうしたことからも不況の煽りを感じることが出来ます。
転職を考えている際、求人情報を見ても給料に中々納得するものに出会えない場合は思い切って看護師の資格を取るのも一つの手だと言えるでしょう。

労働条件

笑顔の看護師

看護師不足が深刻化しています。
新聞などでも大きく取り上げられる事の多いニュースとなっており、外国人看護師を雇用しようという動きまで出て来ています。
しかしながら、言葉の壁などがあり根本的な解決には至っていない状況と言えます。
看護師は大変な激務と言えます。
勤務時間が不安定だったり体力仕事であると言う割には、以前は給与水準もそれほど高くなかったと言えます。
その為、結婚や出産を機に辞めてしまう方が大変多かったと言えます。
また、病院によっては待遇がかなり違う事もあります。

現在では少子高齢化がかなり進行しており、看護師が今まで以上に必要になってきています。
そこで近年脚光を浴びているのが看護師のための転職や求人ホームページです。
転職サイトと言うとサラリーマンやOLの方を連想される事がほとんどと言えます。
しかしながら、看護師に特化した転職サイトや求人サイトが多数出て来ています。
看護師専門の転職サイトや求人サイトは看護師だけの転職情報や求人情報が掲載されているので、看護師の資格を持った人にはとても有効的なサイトと言えます。
また、希望の条件を伝えるとピッタリの転職先を紹介してくれたり、求人情報を紹介してくれます。
勤務時間が不規則でなかなか時間のとれない方には、転職を希望していてもなかなか行動に移す事が出来ません。
また、求人情報に関しても専門に扱っている求人誌は少ないので、なかなか見つける事が出来ません。
今後ますます転職や求人情報を希望している方に必要とされていく事は間違いありません。